ぴょんぴょこ劇場

日本社会のあれこれ、就活、グラフィックレコードについて発信する劇場★

ドラマ「ワンダーウォール」の写真展に行ったよ@恵比寿

どーもこんばんは、うさたろうです!

 

京大吉田寮をモデルにしたドラマ、「ワンダーウォール」の写真展が

恵比寿で行われているということで早速行ってきました!

 

写真展の会場はこちら!

www.al-tokyo.jp

恵比寿駅の西口から10分もかかりませんでした~~!

f:id:pyompyoko_usatarou:20180916232913j:plain

会場はこんな感じ!

白いシートの隅に「WONDER WALL」と書かれています('ω')♡

扉を開けると、どういう世界が広がっているんだろう、、、?

f:id:pyompyoko_usatarou:20180916233652j:plain

AL正面写真

写真展は1階と2階で行われており、ドラマの写真集の販売もありましたよー!

 

で、ドラマ「ワンダーウォール」ってどんな話?

あらすじはこちらから!どうぞ!(雑)

www.nhk.or.jp

 

素直に言うと、

私が在籍していた頃の日常が物語になるなんて。って感じ(笑)

これ結構リアルです、特に寮生の心情をきわっきわまで攻めています。ここまで書くか、、、!びびった。

 

簡単に言えば、廃寮の危機にある学生自治寮と大学当局との闘いの中で生じる、

人間の葛藤を描いているんだけど、この葛藤を見事に再現していると思います。

そしてこんなに言語化できる、脚本家の渡辺あやさん、本当にすごい。

 

シナリオを読むだけで、場面が想像できちゃう。

 

そんなドラマ「ワンダーウォール」明日再放送です!

9/17(月) 14:00~ 総合テレビで!

 

シナリオを読んだ感想

帰りに写真集を購入なり。(なんと、2700円!こんな安くていいのか)

しかもドラマのシナリオ付き★豪華すぎる。

さらに内田樹さんや澤さんのコメントまで載っています。

シナリオ、読みまくった。

f:id:pyompyoko_usatarou:20180916234225j:plain

 

やっぱり思うのが

今回の例で言うと大学や会社といった組織は人を管理した方が楽だし、

管理を進めるなかで、彼らのような”変人”や少し立ち止まって考えて反抗する人って

本当に邪魔なんだろうな~~と思う。

「これちょっとおかしくない?」という人が本当にめんどくさいんだろうな。うまく言えないけど。

 

この「おかしい」という壁に対して、ちょっと当たってみたり、当たって跳ね返されて葛藤したりすることもあれば、今度はちょっと違う角度から当たってみたり。

でも、もうめんどくさいからといってその壁を放置する人が多いのかなってうさたろうは思います。そうすると自分の周りは壁だらけで、最終的に自分が幸せになれないかもしれない。自分自身が壁に潰されちゃうかもしれないね。

 

このような「ちょっとおかしい(大いにおかしいでもいいけど)」といった問題は、別の側面から見れば問題がないこともあれば、実は自分だけでなく、他人、社会、教育、経済など、何が一体悪いのかもう分からないくらいに絡み合って複雑になっているのかもしれない。

 

この物語を遠くから見ると、とある学生自治寮だけの問題ではなくて、1人1人の人生に事例は違えど関わりがあるものなのかな。

 

と退寮した今思うことです。

 

いちばん自分にとって近い場所のお話で、思うこともたくさんあるけど

なかなか似合う言葉がなくて、とてももやもやする。

 

上手く伝えられないうさたろうより