ぴょんぴょこ劇場

日本社会のあれこれ、就活、グラフィックレコードについて発信する劇場★

ふざけているように見えて、思考や議論を可視化する「落書きレコード」って?

f:id:pyompyoko_usatarou:20180917121759j:plain

 

どーもこんにちは、うさたろうです!

 

きっと明日から仕事の人も多いはず。

仕事ってなんだかだるいな、、、。

じゃあ一体何がそんなにだるいんだろう??

 

例えば

  • ながーい会議とか
  • ながーい会議とか
  • ながーい会議とか

ですね!

 

今日はうさたろうちゃんのお仕事のある日のお話をします。

多分みんなもこんな経験あるだろうなぁと思って書きました。

 

とある打ち合わせでの話(本当の話)

これから

  • どの試料をどのくらい採取して
  • どういう分析をして
  • いつまでに結果を出すか

を話し合って決める、極めてシンプルな内容の打ち合わせがあったの。

 

でも、きっとみんなも経験したことある会議とか議論でよくあるのがこれ!

この前の打ち合わせもこうだったのね!

f:id:pyompyoko_usatarou:20180917115620j:plain

この絵の中には

  • 同じことをもう1回聞いちゃう人(それが悪いとは言いませんが)
  • もはや何を話しているか分からなくてついていけない人
  • 分からない、打ち合わせが長すぎてイライラしている人
  • 関係ない話を始めちゃう人

がいます。

 

結局その打ち合わせ、2時間もかかりました。絶対もっと早く終わることができた。

で、なぜこんなに時間がかかったのか、なぜ議論に入りきれなかった人がいるのか

考えてみると

  • その場の議題
  • 議論の過程
  • 最終的な目的

が打ち合わせの頭からケツまで共有されていないのだ!

だと思ったのです。

 

では、これらをどう共有したらいいんだろうと考えた結果、

落書きを使えばいいじゃん!!という結果になりました。

てか!何でこれだけ落書きが好きなのに、そこで落書きを使えよ!!!

 

だから、これをリアルタイムでみんなが見えるところで書けば

無駄な時間や、議論に入れない人を減らせるのではないかと思います。

イメージこんな感じ↓↓↓

f:id:pyompyoko_usatarou:20180917122007j:plainこの中に、

  • 議題
  • 決めること
  • 時系列(いつまでにその仕事を終わらすか、プロジェクト全体の流れを見るため)
  • 最終的な目的

を描けば、ある程度共有できるのではないかと。

しかもここで書くのは矢印と、採取に使うハンマー、分析を表す道具(イメージ)、報告書作成に使うPCだけ。(仕事によって変わっちゃうけどね)

これ、もはや落書きレベルで描けちゃうし、練習すれば誰でもできるかもしれない。

(リアルタイムで書くのは訓練がいるけど)

 

さらに「落書きレコード」のメリットとして、

  • 打ち合わせ後も、全体を俯瞰して思い出すことができる、しかも短時間で!
  • もはやこれが議事録になるので、あとから議事録を作る必要がない!必要だとしても、補足事項くらいでしょう。
  • プロジェクト中に、どこまで達成したかを確認するツールにもなる

が挙げられます!

何度でも使えるのは大きいですね!

 

うさたろうも絶賛訓練中!「落書きレコード」

現在、うさたろうは議論ではなく仕事のメモとして落書きレコードを実践しています。

特にちょうど今試験関係の仕事なので、たくさんの機械や道具を使います。

それらの使い方を文章だけでなく、落書きのような絵で表現しています。

最近では、だんだん早く書けるようになってきました。

 

「落書きレコード」によって見られた変化

仕事が早く終わる
  • うさたろうちゃん、いつも始業前に前日習ったことを見返すのですが、その時間が激減しました。5分くらいかかる作業が1分未満になりました。その時間を、夕方やる予定の雑務に当てたり、のんびりコーヒーを飲んだりします。心も楽になりますね。結果楽しく早く退社することができます~~。定時退社万歳!

物事を忘れる回数が減った

  • うさたろう、本当にもの覚えるの苦手なんです。でも絵でかいて理解して、また絵で思い出すことで物覚えもだいぶよくなりました。

すなわち、「落書きレコード」は自分の頭の中をすっきりさせて、仕事を効率的に進める効果もあるんです!

 

「落書きレコード」に向いている(と思う)人

  • 無駄に時間がかかる会議にイライラしちゃう人
  • 自分の頭が最近ごちゃごちゃしちゃう人
  • さいころから教科書に落書きばかりして、大人に怒られた人(笑)
  • 絵を描くのが嫌いではない人

などなど。

特に、私は昔から落書きばっかりして周りの大人を呆れさせていた実績があります。

暇さえあれば先生の顔を描いたり、パラパラ漫画を描いたりしていました。

 

落書きって一見ふざけているように見えるけど、思考や議論を可視化するにはとっても向いている手法なんですね('ω')

 

世間ではこの手法を「グラフィックレコード」と呼んでいるらしいのですが、

何だか「グラフィック」と聞くと、ちゃんとしたきれいな絵を描くというイメージが

私のなかで芽生えてしまい、描くことに躊躇してしまうので「落書き」くらいでいいかなというスタンスで勝手に「落書きレコード」と呼んでいます(笑)

 

でもどうやって始めたらいいの?

 というみなさん!私が参考にしている本を1冊紹介しますね。

こちら↓↓↓

私は電子で買ってiPadに入れていつでも読めるようにしています★

Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書

Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書

 

 

 みんなもしんどい仕事や会議は落書きで楽しく乗り越えてみよう!

頭も心もすっきり!

 

 

うさたろうより