ぴょんぴょこ劇場

日本社会のあれこれ、就活、グラフィックレコードについて発信する劇場★

勝手に「うつ」だか何だか

 

f:id:pyompyoko_usatarou:20181003205331p:plain

 

うさたろうです!

7日までお休みしようと思っていたものの、

今の心情を忘れたくないので記録しておこうと思います。

そんなん公にするものではないと思う人も多いと思いますが、こっちに残します。

********

 

入社して半年が経つ。やっぱり会社に適応できない自分がいる。

つい1ヶ月半ほど前に、私はあまり会いたくない者と会ってしまった。

そう、「うつ」さんである。

生まれて26年、お名前は知っていたが実際に会うのは初めてで、

私自身どうしていいのかよく分かっていない。

もしかしたらみんなも「うつ」さんに会ったことがあるかもしれない。

今日はそんな「うつ」さんとのエピソードを書こうと思う。

f:id:pyompyoko_usatarou:20181003210443p:plain

そう、これが「うつ」さんである。おでこの「う」マークが特徴。

何者かはよく分からないけど、私に色々な攻撃を仕掛けてくる非常に厄介な奴だ。

 

まず、朝から私をオエオエさせる。(吐き気ってやつですね)

そして私からほぼ全ての食欲を吸いとる。

人混みや人が多いところ(3人以上)の空間を必要以上に嫌いにさせ、

最終的には人に会いたくないと思わせてしまう。

 

極めつけは、勝手に私を泣かせることである。

感動することもなければ、悲しいこともないのに。

 

気づいたら涙がぽろぽろ流れており、いつも奴には驚かされてばかりだ。

あーあ、今日も泣いちゃった。何でだろう。

 

なぜ奴が私といるのかよくわからない。

まだ病院に行ったわけではないが、調べている感じだと

私は「うつ」さんとしばらくお付き合いする可能性のある予備軍だそうだ。

もしかしたら「うつ」さんが私の見学に来ているのかもしれない。

 

これを読んでくれた人、ありがとう。

これでうさたろうを救えということを言いたいのではない。

 

そう、「うつ」さんはじわりじわりあなたの近くにいるかもしれないし、

いつも元気に振舞っているあの子にも近づいているかもしれない。

 

「うつ」さんが近くにいるのは、うさたろうの気合いや根性が足りていないからだ

と言われても、今のうさたろうには頑張る気力が今はない。

もはやその種の発言は、私自身を殺すのと同じくらいのパワーがある。

だから、「うつ」さんと一緒にいる人にそのような発言をしてほしくない。

 

今日の夜、久しぶりに甘いものが欲しくなったのでコンビニに行った。

もちろん「うつ」さんもご一緒に。

いつも適当に昼ご飯を買うだけのコンビニなのに、

今日は何を買おうか色々迷った。スイーツにしようかチョコにしようか。

ちょっと迷ったけど結局どっちも買った。

何だか迷っている時も幸せだった。

全てを完食した今、コンビニで迷っている時は本当に1人になれた瞬間だったと思う。

 

なんだか幸せなのか何なのかよくわからないけど、

また涙が出てきそうである。これは幸せの涙なのか、「うつ」さんがまた私を泣かしにかかっているのか。真相はよくわからない。私にわからなければ誰にも分からないだろう。